東多田の家

001画像

002画像

003画像

004画像

005画像

006画像

007画像

008画像

撮影 中澤建築設計事務所

敷地は開発の際に整形の土地を切り取った残りの不整形地。 概ね三角形の形状で、その上、裏には水路が流れていて、 そこに向かって地盤は傾斜しており、平坦な部分は限られていました。

この傾斜した部分に矩形の建物を配置すると三角形の三つの隅に空地が残ります。 そこに駐車場やアプローチ、バルコニー等の必要な機能を配置し、 同時にそこから自然を室内に取り込む計画としました。

特に開放性を求められたリビングは2階に配され、光や風を感じ、 視線の通る、おおらかな空間となっています。