中登美ヶ丘の家

001画像

photo: hiroshi nakazawa

車庫とアプローチは仕上げを変更して既設を利用しています。
クスノキの大木が目を引きます。

002画像

photo: hiroshi nakazawa

003画像

photo: hiroshi nakazawa

屋外を積極的に活用できるように半屋外のテラスを設けています。

004画像

photo: yutaka kinumaki

テラスの外側にはルーバー雨戸を設置しています。

005画像

photo: hiroshi nakazawa

ルーフバルコニーを活用するための屋外階段。
錆びにくいように溶融亜鉛メッキを施しています。

006画像

photo: hiroshi nakazawa

踏み板はスチールのグレーチングです。

008画像

photo: hiroshi nakazawa

スッキリと景色を眺めることができるように木製建具の上下を隠しています。
階段で上がることのできる車庫の上はウッドデッキになっています。

009画像

photo: yutaka kinumaki

クスノキの大木を囲むように建物を配置しています。

007画像

photo: hiroshi nakazawa

クスノキの大木が植わった中庭。

010画像

photo: yutaka kinumaki

閑静な丘陵地に建つ住宅です。 邸宅跡の分譲宅地で高い塀や車庫等の構築物とクスノキの大木とが残されていました。 地盤が道路より約2m高く、見晴らしが良い。 この遠景とクスノキの両方を望める位置に各部屋を配置しました。

屋外を活用したいという要望があり、屋内との関係性が大事だと感じました。 半屋外のテラスと開閉可能なルーバーが、屋内外を滑らかにつなぎ、 空間に多様性をあたえ、他者の視線を和らげる。

道路際に残されていた閉鎖的な塀の一部を撤去し、 緩やかに地域とつながることを思い描きました。