土塔町の家

001画像

公園の横に建つ住宅です。
斜めの外壁が手前の公園への圧迫感をやわらげています。

002画像

屋根の勾配に変化をつけ、南側からの光を取り入れています。

003画像

玄関扉横の板壁は、大きな引き戸で倉庫になっています。

004画像

明るい玄関ホール。
床材は無垢のくるみフローリングです。

005画像

窓からは、隣の公園を借景とした庭が望めます。

006画像

007画像

008画像

勾配天井によりリビングには南側からの光が届けられます。

011画像

奥の和室とつながる空間となっています。
ソファー背面からはバルコニーからの光が届きます。

009画像

テーブル横の開口は横長の出窓としました。
ちょっとした小物を飾って楽しめます。

010画像

photo: hiroshi nakazawa

この住宅の敷地は、二辺が公園(開発広場)に隣接しています。 計画前に公園から眺めると、その一画が敷地によって欠き取られているように感じました。 意識せずに計画を進めると建物が公園に食い込んだかのような違和感と圧迫感とを 感じてしまうことが想像でき、それを少しでも和らげたいと考えました。 この敷地の魅力は公園であり、それに向けて空間は開きたい。 しかし、すぐ目の前に人がいる状況だと平穏な生活は送れそうもなく、 視線を和らげる工夫も欲しいと考えました。

必要な部屋や駐車場を確保するとほんの少し敷地に余裕があることが分かり、 公園に面する建物の角を斜めに切り取りました。 これにより公園への圧迫感と違和感とを軽減させるとともに、 公園との距離を確保しています。 また、そこに植栽を施した庭を設けることで、 公園側から見ると庭が公園の一部のように感じ取れ、 建物側から見ると公園が庭の一部のように感じ取れる関係を築きました。

周囲の建物は公園に背を向けて建っています。 小さな公園は、緑豊かな大きな公園とは違い、 建築を計画する場合に肯定的な要素になりにくいということだと思います。 そんな中、この計画では公園と建物との間に補完しあえる関係を築くことで、 肯定的に捉えることができています。 このような関係を築くことが景観に貢献できる方法の一つだと考えます。