深軒の家

001画像

中庭のある深い軒の住まいです。 

002画像

玄関ドアは外壁と同じ木材で製作しました。

004画像

リビングの部分は少し天井が高くなっています。

003画像

リビングの高い天井に合わせて、軒を深くしました! 
夏の日差しは遮り、冬の陽光は取り入れることができます。

005画像

キッチンはシンクとコンロが分離したレイアウト。
家事と配膳が行いやすいようにダイニングテーブルは製作してます。

006画像

奥に見えるのは家事コーナーと食品庫。
突き当りの扉を開けると玄関横のシューズクロークにつながり、買い物帰りなどの動線に配慮しました。 

007画像

カウンターにのせた洗面台。
ミラーや引き出しは、既成の家具をはめ込んでいます。

009画像

スチールと木材でつくった階段。
階段を家の中心配置することで廊下をなくしています。

008画像

物干しスペースも兼ねているので、明るく風通しのよい空間になっています。

010画像

photo: hiroshi nakazawa

新旧建物の入り混じる地に建つ、深い軒を持つ住宅です。 少しの雨なら横付けした車から軒下を通り 玄関まで濡れずにたどり着けます。

敷地南側には里道が、西側にはマンションの共用廊下が 隣接し人の行き来を感じる環境でした。 この環境で明るく開放的な空間を確保するために、 建物で視線をある程度遮ることのできる コの字型のコートハウスになりました。

リビングの中庭を介した向かい側は平屋とし、 上部バルコニーの手摺も光を遮らない形状としています。 光が奥まで届くように天井を高くし 床から天井までの大開口としています。 窓先には冬の陽光は取り込み、 夏の日射は遮ることができる軒を設けました。 大きな開口のため軒も高くて深いものになり、 普通の軒下より屋外のように感じられる明るい空間です。

ウッドデッキで仕上げられた軒下を、 先日も子供たちが走り回っていたそうです。 すこし深めに確保した軒が日々の生活に彩りを 与えはじめてくれているようです。